ついにレーシックの手術の日程を決める

レーシックに興味を持ってから、はや4年。ついに、最初のレーシック適正検査とカウンセリングを受け、残すはもうひとつのクリニックへのカウンセリングと、手術の日を迎えるだけとなりました。
インターネットでは、“ふたつくらいのクリニックに、それぞれカウンセリングで行き、いろいろ比較して考えたほうがいい”という意見があふれていましたので、先人の知恵に従うことにしました。ひとつめのクリニックのレーシック適正検査とカウンセリングを終えてみて、看護師さんが少し営業してきたのが気になっていたのです。もちろんボランティアではありませんから、営業は必要なことだと思うのですが…。口コミや技術で広まっていくほどいいクリニックなら、営業などする必要があるのかな…と疑問に思っていたのです。実際そのクリニックのホームページでは、“信頼と実績の”とか、“ご紹介の方○○%”などといったフレーズが多く使用されていました。
そんなことがあったので、ふたつめのクリニックへ、レーシック適正検査とカウンセリングの予約を取るために電話をしました。電話窓口でのてきぱきした対応で、とても安心できました。ふたつめのクリニックでも、だいたい同じような感じで進められていきました。検査と、医師によるカウンセリングです。一通り受け、電話での印象から内容まで、ふたつめのクリニックの方が安心できそう…という印象を受けたので、ふたつめのクリニックで決めようと思っていました。ただ、平日は会社員として仕事をしていますので、大事をとって、長期休暇のときにやりたいという思いがあり、少し先のまとまった休みに手術を行うということで決まりました。
 そして、しばらく経ったときに、レーシック手術の事故のニュースが…。しかも1件ではなく、何件もです。これで、固まっていた心が一気に崩れてしまい、クリニックにもキャンセルの電話を入れてしまいました。そして振り出しに戻ってしまったのです。

雀荘 大阪

青山メインランド

大阪の債務整理ならリライフ